コーディング中に癒やされる!VScode内でペットが飼える拡張機能「vscode-pets」の導入方法解説

webデザイン

ツイートで流れてきたVisual Studio Codeの拡張機能が可愛かったのでシェア。犬やネコ、アヒルなどの動くペットをタブ内で飼うことができます。VScode初心者の私は導入する際にちょっと手間取ったので、やりかたを忘れないうちにメモしようと思います。

拡張機能を開く

VScode左サイドバーの四角が集まったようなアイコンをクリックするか、ctrl+Shift+Xで上記の画像のような検索バーを開いて、「vscode-pets」と検索します。そしてでてきたvscode-petをクリックしてインストールボタンをクリックします。

コマンドパレットからペット召喚

VScode上部のメニューから表示>コマンドパレットを開いて(ctrl + shift + pでも可)「vscode-pets.start」のコマンドを実行します。そうするとどこかに「Pet Panel」というタブがでてきて、ペットがあるき始めるので、すきな場所に配置します。横方向だけでなく、縦方向にもあるきまわるので、特に配置場所は気にしなくて大丈夫ですが、わたしは下横いっぱいにタブを広げて歩きまわってもらっています。

ペットの種類を変更したい

拡張機能一覧からvscode-petsの歯車マークをクリックして拡張機能の設定をクリックします。

ここでペットの種類や大きさ、色を変更することができます。

さいごに

下でちょこまかしてるのかわい~~!コーディングに飽きたらネコにマウスホバーすると、ネコがかまってくれてとても癒やされます。みなさんも是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました