決意:年末までにゲーム完成させます!

スマホで好きな3Dキャラを愛でる!VPocketの使い方まとめ【AR対応】

この記事では.VRM形式のキャラを自由に動かして撮影できる、VPocketの使い方を紹介します。

クロマキー合成用の単色背景やARに対応しているので、現実の世界に3Dキャラが存在しているような体験ができます。

VPocket -VRM Viewer-
VPocket -VRM Viewer-
開発元:健裕 朴木
無料
posted withアプリーチ

ばんかす

わたしはVroidStadioでつくったキャラで遊んでます!

VRMファイルの追加方法

わかりやすいツイートを埋め込みました。ようはUSBでスマホとパソコンを繋いで、スマホのストレージを開いてVPocketフォルダにVRMファイルをコピーです。iPhoneの方はiTunesをひらいてスマホのマークをタップすれば同期できます。

Vrmのキャラを手っ取り早く作りたい方は オリジナル商用可モデルが作れる!VRoid Studioの使い方まとめ【ペンタブなしで可】 を参考にしてみてください。

操作方法

ポーズ編集

大きく分けて頭と腕、足の位置や角度を変えられます。ありえない方向に曲がってグロくすることも出来ます。(不可抗力)

表情編集

喜怒哀楽をバーをいじって表現できます。あいうえおの口の形やウインクも可能。

視線編集

黒目の位置を変えられます。〇ヘ顔ダブルピースも可能。

指編集

グー・チョキ・パーの形にできます。左右それぞれ選択可能。

モデル変更

追加したモデルを選択できます。初期装備でアリシア(みゅみゅ教授が使ってる奴)が入ってます。

背景変更

クロマキー合成に使える単色背景やARが使えます。これはえへ顔ダブルピーズ。

 

ばんかす

AR機能が最高です。VTuberのヨメミちゃんみたいな感じ。

保存したい

現在保存のボタンが無いためスクショして保存します。その際メニューを隠すをタップしておくと邪魔がなくて便利です。

さいごに

VPocket楽し~!ARにして天井にかざすとパンツみれますよ。(謎情報)

もう十分なほど楽しめますが、カメラワークをいじれたりするとなおハマっちゃいそうです。3Dキャラを動かすとなると、重い処理が必要なのかと思いますが、とても軽くて通信量もかかりません。(オフラインで試しても遊べました)

スマホでちょちょっとキャラの合成画像を作りたいときや、フィギュアを眺める手軽さでプレイできるので是非インストールしてみてください。

VPocket -VRM Viewer-
VPocket -VRM Viewer-
開発元:健裕 朴木
無料
posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。